口約束は、お金を借りる時もあまり証拠にはなりません

PAK86_pokapoka20140321500

口約束は、実に色んな場面で行われます。友達との待ち合わせ場所を決めたり、婚約も口約束が多いです。そして、お金を借りる時も口約束という事があるんじゃないでしょうか?

口約束は、たとえお金を貸して返ってこなくても催促があまりできません。なぜなら、お金を借りたという証拠がないからです。恋人同士では、口約束でお金を貸したり返したりする場合があります。

また、友達同士でもあまり大きな額じゃなければ口約束でお金を貸し借りします。しかし、それは後で請求するのが難しいからやめた方がいいです。相手がお金を借りていないと言ってしまえば、それまでになってしまいます。

では、口約束で借りたお金はもう絶対に返ってこないのでしょうか?そんな事はありません。努力をすれば、返ってくる場合があります。

それは、お金を貸したという証拠を掴む事です。相手がお金を借りたというのを認めれば、お金を返すように裁判を起こすなどの手段が使えます。

その証拠とは、なんでもいいんです。録音機を仕込んでおいて、相手と何気なく会話しながら「お金を貸したよね?」とサラッといいます。そして相手が「借りた。」と言って、借りた金額を言わせれば勝ちです。

口約束でお金を貸すのはよくない事だけども、そうなってしまったらお金を貸したという借用書をメモ書きでもいいから残しておきましょう。

そうすれば、後からもめる事はありません。また、口約束になってしまったら証拠をどうにかして集めましょう。