奨学金を利用した人が、借金に苦しめられていると言います

BL007-turibashikouka20140810500

勉強はしたいけども、お金がなくて学校に通えない人が利用するのが奨学金です。奨学金は借金なので、働いていつかは返さなきゃいけません。

だから勉強する人も気を抜かずに授業に参加すると私は思っていました。そのため私も奨学金を利用しようと思った事があります。

親は大学に行くのを反対していないし、お金は出してくれると言っていましたが親に迷惑をかけたくないなと思っていました。しかし、奨学金は借金なのでいつかは返済しなきゃいけません。

大学を出て、働き始めたら少しずつお金を払うのですが、借金が返せなくなる人もいるというのを聞きました。

確かに、学生のうちからローンを組んでそれに縛り付けられるのはかわいそうな気がします。さらに過去の学費を払うためには社会人になってからも苦労しなきゃいけないのも、なんとも言えない話です。

金持ちならば、学費なんてポンっと出せます。しかし親が裕福じゃないと、勉強をするのも一苦労です。

どこの家に生まれるかというのは、子供が選べません。借金なんて知らないで、大学でのうのうと生きている人とお金に苦労しながら勉強する人がいるのは、問題だなと感じました。お金がなくて苦しめられる学生がかわいそうです。

私の意見としては、お金がなくても勉強したいという意欲があるならば、授業料を免除していいんじゃないかと思います。テストで何点以上かとれば学費が免除されるというような仕組みがあれば、教育格差はなくなるんじゃないかと思います。