ドイツは借金を減らした超優秀な国?

NKJ56_oxfordnomachinami500

先進国のほとんどが借金をしています。日本も借金をしている国です。しかも、その借金は減る事なく増え続けています。

それが世界の当たり前かと思いきや、そうでもない国があります。なんと、借金を減らした国があるんです。それがドイツです。

池上彰さんの番組によると、ドイツはヨーロッパの病人と言われるぐらい借金が多い国でした。それではいけないとドイツは本気になり、借金を減らすためにあの手この手を使いました。

ドイツがやった政策が、借金を禁止する法律を作ってしまう事です。法律にする事で、借金しないでどうにか国を回さなきゃいけません。なので、ドイツは国民に負担をかけました。

年金の受給額を減らし、医療費の自己負担額を増やしました。また、増税もしました。きっと国民の多くは反発したでしょう。しかしこういった身を切るような改革のおかげで借金は減りました。これはすごい事です。

しかし、国民に負担をかけたドイツは優秀とは言えません。借金を減らしたのはいいけど、国民が豊かになったとは言いきれないからです。また、財源不足により老化した橋の修理ができないそうです。日本だったら、地震がくる前になんとかしないと危ないです。

池上さんは、借金を減らす事ができないわけじゃないという例だと言っていました。しかし、私は日本がこういった政策をして欲しくないなと感じました。国の借金が減っても、自分たちのお財布が寂しくなったら意味がありません。